DUOクレンジングバームの副作用は問題ないか全成分を1つ1つ検証

DUOクレンジングバームの副作用と全成分 DUOクレンジングバームの全成分と副作用

DUOクレンジングバームを使って副作用が起こらないが気になって購入を躊躇していませんか?

あなたのために全成分を1つ1つ解説した記事を書きました。

成分は多いですが、基本的に副作用が心配になるような成分はありません。

1つ1つの成分について簡潔にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

  1. DUOクレンジングバームの副作用は問題ないか全成分を1つ1つ検証
    1. パルミチン酸エチルヘキシル
    2. トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル
    3. 炭酸ジカプリリル
    4. トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル
    5. ポリエチレン
    6. トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル
    7. トコフェロール
    8. カニナバラ果実油またはノバラ油
    9. アンマロク果実エキス
    10. テトラヘキシルデカン酸アスコルビル
    11. グルコシルセラミド
    12. 加水分解コラーゲン
    13. 加水分解ヒアルロン酸
    14. α-グルカン
    15. 乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液
    16. 乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液
    17. ノイバラ果実エキス
    18. プルーン分解物
    19. クリサンテルムインジクムエキス
    20. ソメイヨシノ葉エキス
    21. トルメンチラ根エキス
    22. 豆乳発酵液
    23. メマツヨイグサ種子エキス
    24. ウンシュウミカン果皮エキス
    25. タチジャコウソウ花/葉/茎エキス
    26. オウゴン根エキス
    27. キハダ樹皮エキス
    28. ビルベリー葉エキス
    29. オウレン根エキス
    30. カミツレ花エキス
    31. クチナシ果実エキス
    32. セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス
    33. トウキンセンカ花エキス
    34. ハマメリス葉エキス
    35. ヤグルマギク花エキス
    36. ローマカミツレ花エキス
    37. BG
    38. PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ
    39. フェノキシエタノール
  2. DUOクレンジングバームは副作用の問題は基本的にない
    1. DUOクレンジングバームは敏感肌やアトピーでも使える?
    2. DUOクレンジングバームでニキビが悪化することはある?
  3. まとめ

DUOクレンジングバームの副作用は問題ないか全成分を1つ1つ検証

DUOクレンジングバームの全成分がこちら。

パルミチン酸エチルヘキシルトリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、炭酸ジカプリリル、トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル、ポリエチレン、トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル、トコフェロール、カニナバラ果実油またはノバラ油、アンマロク果実エキス、テトラヘキシルデカン酸アスコルビル、グルコシルセラミド、加水分解コラーゲン、加水分解ヒアルロン酸、α-グルカン、乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液、乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液、ノイバラ果実エキス、プルーン分解物、クリサンテルムインジクムエキス、ソメイヨシノ葉エキス、トルメンチラ根エキス、豆乳発酵液、メマツヨイグサ種子エキス、ウンシュウミカン果皮エキス、タチジャコウソウ花/葉/茎エキス、オウゴン根エキス、キハダ樹皮エキス、ビルベリー葉エキス、オウレン根エキス、カミツレ花エキス、クチナシ果実エキス、セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス 、トウキンセンカ花エキス、ハマメリス葉エキス、ヤグルマギク花エキス、ローマカミツレ花エキス、水、BG、PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ、フェノキシエタノール

随分たくさん成分がありますよね。1つ1つ簡単にお伝えしていきます。

副作用や刺激など気になる点がある場合は記載します。特段問題ない場合は記載なしです。

パルミチン酸エチルヘキシル

伸びがよくて安定性に優れさっぱりする。水分蒸発を防いでお肌を保護するエモリエント作用がある。

酸化しにくく安定性が高いエステル油という種類の油性成分。

トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル

エモリエント作用がある油性成分。エステル油。

炭酸ジカプリリル

油性成分。エステル油。

トリイソステアリン酸PEG-20グリセリル

非イオン界面活性剤。水分と油分を混ぜる。

界面活性剤には陽イオン、陰イオン、両性、非イオンの4種類があり、非イオン界面活性剤は穏やかで刺激性などの問題は基本的にない。

ポリエチレン

炭化水素という種類の油性成分。油性成分の中でも酸化に強い。

硬さを上げる役割がある。

トリイソステアリン酸PEG-5グリセリル

非イオン界面活性剤。トリイソステアリン酸PEG-20グリセリルより分子量が小さい。

トコフェロール

ビタミンEのこと。化粧品の酸化を防ぐ。

カニナバラ果実油またはノバラ油

バラのオイル。エモリエント作用。

アンマロク果実エキス

アーユルヴェーダで有名な成分。お肌を整える。

テトラヘキシルデカン酸アスコルビル

ビタミンC誘導体の1つ。肌を整えてくれる成分であるものの、人によっては刺激に感じるケースもまれにある。

グルコシルセラミド

植物性セラミドとも言われる保湿成分。

加水分解コラーゲン

コラーゲンが加水分解されたもの。保湿成分。

加水分解ヒアルロン酸

ヒアルロン酸が加水分解されたもの。保湿成分。

α-グルカン

増粘や保湿作用がある。

乳酸桿菌/セイヨウナシ果汁発酵液

保湿やお肌をなめらかにする作用。乳酸菌でセイヨウナシの果汁を発酵させた成分。

乳酸桿菌/ブドウ果汁発酵液

保湿作用。乳酸菌でブドウの果汁を発酵させた成分。

ノイバラ果実エキス

保湿、肌の引き締めなどの作用。

プルーン分解物

保湿、お肌のハリなどにいい成分。

クリサンテルムインジクムエキス

ゴールデンカモミール由来の成分。ビタミンPに似た働きをする。

ソメイヨシノ葉エキス

お肌を整える作用。

トルメンチラ根エキス

お肌を引き締め、整える成分。

豆乳発酵液

保湿や肌のハリに良い成分。

メマツヨイグサ種子エキス

肌のハリや弾力によい成分。

ウンシュウミカン果皮エキス

保湿やお肌を整えることが期待される成分。

タチジャコウソウ花/葉/茎エキス

保湿やお肌の引き締めが期待される成分。

オウゴン根エキス

保湿、お肌の引き締め、お肌を整えるなど幅広い作用が期待される成分。

キハダ樹皮エキス

保湿やお肌を整える作用が期待される。

ビルベリー葉エキス

お肌のハリに働きかける成分。

オウレン根エキス

保湿やお肌を整える作用が期待される成分。

カミツレ花エキス

お肌を整えて引き締めが期待される成分。

クチナシ果実エキス

保湿やお肌を健やかに保つ作用が期待される。

セイヨウオトギリソウ花/葉/茎エキス

お肌を引き締め健やかに保つ作用が期待される。

トウキンセンカ花エキス

お肌を健やかに保つ作用が期待される。

ハマメリス葉エキス

お肌の引き締めに良い成分。

ヤグルマギク花エキス

お肌を引き締めてくれる成分。

ローマカミツレ花エキス

お肌を健やかに保つのに役立つ成分。

化粧品に成分を溶かすために配合されることが多い成分。植物エキスなどを溶かす役割もある。

BG

ベースとなる水性成分。保湿効果を持つ。表記位置からして植物エキスを溶かすために配合されている。

PEG-7(カプリル/カプリン酸)グリセリズ

乳化やエモリエント作用がある成分。

フェノキシエタノール

防腐剤。バリア機能が壊れているとまれに刺激に感じる可能性がある。

DUOクレンジングバームは副作用の問題は基本的にない

DUOクレンジングバームの全成分をチェックしましたが、基本的に副作用が問題になるような成分は含まれていません。

ただ、敏感肌やアトピー、ニキビ肌の方は心配だと思いますので、そちらにもお答えします。

DUOクレンジングバームは敏感肌やアトピーでも使える?

DUOクレンジングバームはビタミンC誘導体、フェノキシエタノールなど肌の刺激になる可能性がゼロではない成分も含まれています。

また、植物成分の多くは多数の化学成分を含む芳香成分を持っているため、刺激になる可能性があります。

そのため、使う際は一度パッチテストされてから本格的に使うのをおすすめします。

DUOクレンジングバームでニキビが悪化することはある?

DUOクレンジングバームは油性成分がメインのため、ニキビ肌には悪いのではないかと考えるかもしれません。

ニキビは油性成分の一種である油脂が使われているコスメは一般的によくないとされていますが、DUOクレンジングバームに油脂は使われていません。

また、クレンジングで毛穴を洗浄することで毛穴に皮脂が詰まり固まって角栓になるのを防いでくれるため、悪化するとは考えにくいです。

まとめ

DUOクレンジングバームは副作用が起こるような成分は含まれておらず安全に配慮して作られています。

ただ、肌のバリア機能が壊れている方は刺激になる可能性もゼロではないため注意が必要です。

購入を検討されている方はDUOクレンジングバームの口コミレビューも合わせてご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました